いけめん米®(粋男米)とは…

いけめん米®は、新潟の志のある稲作農家とNPO法人および有志企業とで進めている、農と食の安全を守る企画、「いけめん米®プロジェクト」で作られた良質なコシヒカリだけに与えられた名称です。

「食の安全」と「品質」「おいしさ」について、科学的根拠に基づいた厳しい基準をクリアした美味しい米だけに「いけめん米®」の名称を使用することが許されます。

いけめん米®について

世界基準の安全性をクリア

いけめん米®
残留農薬
260項目
不検出
(検査機関の
限界数値未満)
放射性ヨウ素
セシウム137
セシウム134
不検出
(検査機関の
限界数値未満)
カドミウム 0.1ppm未満



カドミウムの検出値は0.4ppm以下であることが世界的な基準です。

日本もその基準に準拠していますが、非常にカドミウムを吸収しやすい環境であるため皆さんが普段食べている米(玄米)でも0.2ppm前後検出されているケースが多いのが実情で、生産年の気象条件によっては普段は低い数値の地域でも高い値が検出されることがあります。

いけめん米®のカドミウム検出値は、世界的基準(0.4ppm)を大幅に下回る0.1ppm未満となっています。

国内の多くの産地では基準値未満であれば公表しないケースがほとんどですが、イケメン会ではきちんと公表することで皆様に安心していただきたいと思っています。

(※各データ等必要な場合は、お問い合わせ下さい

※イケメン会がつくる米以外にも商品がございます。 詳しくはお問い合わせ下さい。

いけめん米®の目的…

ひとりでも多くの消費者に本当の安全な米を届ける

私たちは今までのような「栽培した場所」や「作り方」だけの曖昧な安全性判断ではなく、実際に口に入る米自体の安全性(残留農薬・重金属・放射性元素)と食味を科学的に検査するという、世界的に見ても最高レベルの厳しい基準に合格した「世界トップレベルの安全性」と「高い食味」が両立できたコシヒカリのみを販売しています。

生産にかかるコストを下げ、なおかつ自然環境と共生できる農業の推進普及

毎年高額な肥料や補助資材を田んぼに投入するのではなく、生産費・労力を安価に抑えつつ安全かつ高品質の米を栽培するノウハウを我々は持っています。

環境だけではなく生産者にも無理な付加をかけない農法でなければ、消費者と環境を守る取組みの継続は難しいと考えています。

次世代の食の生産を担う若手農家の育成

「農家はきつい、汚い、儲からない」では次の世代の農業は崩壊してしまいます。

いけめん米®生産の要であるイケメン会では、生産にかかるコストと労力を抑えつつ最高レベルの安全で高品質、かつ美味しい米を栽培できることと、米どころ新潟でもトップレベルの栽培ノウハウを持ついけめん米®生産農家の助言を受けられることで、若手生産者でも高い収益の確保を実現することにより未来の食の安全に大きく貢献します。

いけめん米®が安全である理由…

①生産者ひとりひとりの米を検査する徹底した品質管理

多くは「栽培方法・栽培環境のみの安全性」だったり「大きなロットの中の一部分だけの抜き取り検査」だけで安全性を謳っているのが現状です。

そのような中でいけめん米®は、生産者ひとりひとりの米を穀物検査の際に出る挿し米で検査するという非常にシビアな検査体制を採っています。

平成27年度いけめん米®検査結果
検査結果報告書 ※一例
各生産者の検査結果

②「玄米」で残留農薬・カドミウム等を検査し、
  基準をクリアーした米のみを販売

いけめん米®は、(株)食環境研究所で残留農薬260項目の検査を行います。

上記検査でほぼ全ての項目で0.01ppmの単位までの検査(多くの米の検査では0.1ppm単位)の結果、全ての項目で不検出だったもののみ、そして、カドミウム(イタイイタイ病の原因の重金属で日本の米は非常に出やすい)は0.4ppmが世界的な基準であるなかで、これも0.01ppm単位の検査を行い、0.1ppm未満のものだけがいけめん米®になることができます。

※検査項目によって定量限界数値が0.01ppm以外もあります。

放射能検査・残留農薬検査・カドミウム検査

③世界基準の安全性をクリア

いけめん米®
残留農薬
260項目
不検出
(検査機関の
限界数値未満)
放射性ヨウ素
セシウム137
セシウム134
不検出
(検査機関の
限界数値未満)
カドミウム 0.1ppm未満



カドミウムの検出値は0.4ppm以下であることが世界的な基準です。

日本もその基準に準拠していますが、非常にカドミウムを吸収しやすい環境であるため皆さんが普段食べている米(玄米)でも0.2ppm前後検出されているケースが多いのが実情で、生産年の気象条件によっては普段は低い数値の地域でも高い値が検出されることがあります。

いけめん米®のカドミウム検出値は、世界的基準(0.4ppm)を大幅に下回る0.1ppm未満となっています。

国内の多くの産地では基準値未満であれば公表しないケースがほとんどですが、イケメン会ではきちんと公表することで皆様に安心していただきたいと思っています。

(※各データ等必要な場合は、お問い合わせ下さい

④放射能測定分析で不検出のみを販売
  (専門分析機関=セシウム137、セシウム134、放射性ヨウ素)

行政の放射能検査は、地域に広がる田んぼの中のたった1ヶ所のみを指定して検査しますが、私たちは生産者ひとりひとりの田んぼで出来た米をまんべんなく抜き取り、検査することで「万が一の事態」を防ぐとともに、食べる方により大きな安心感を持っていただきます。

もちろん、独自の厳しい放射能基準をクリアしなかった米(生産者)は、たとえ行政の基準は満たしてもいけめん米®にはなりません。



⑤生産履歴の開示、ロットナンバーでの管理

当たり前のことかもしれませんが米の生産履歴は全て開示しています。

また、収穫後の乾燥・調整の際からロットナンバーをつけて管理することで、お客様が買った後でも、その米が「誰が作った米か」「いつ収穫したのか」「いつ乾燥・調整したのか」「いつ精米したのか」「いつ出荷したのか」「いつから店頭に並んでいるのか」などを確認していただくことが可能になっています。

⑥生産者から消費者までのルートが確実

いけめん米®は、⑤で書いたとおりロットナンバーで管理されています。

また、いけめん米®を販売することができる米穀店はイケメン会から認定を受けたところのみとなっています。

これは、生産者が厳しい基準をクリアして出荷した安全ないけめん米®が、流通過程で他の米と混ぜられないようにするための予防策です。

いけめん米®は、誰もが安心して食べられる世界一安全・安心なお米を目標に、生産者と周囲のたくさんの人たちの協力のもとで作られています。

そして、「お米=稲=植物(生き物)」の安心・安全の土台は「健全な育成」です。

しっかりと根を張ってきちんと光合成することができ、病気や害虫に負けずに健やかに育った稲から採れたお米はミネラルや糖度にも恵まれた高品質で美味しいお米になります。

さらにいけめん米®では、食味計などの機械による科学的な検査と「お米マイスター」などのお米のプロによる判断をパスしたものだけが流通・販売を許可されます。