植物の育成に必要な水質改善と土づくりで育成環境を整える

水質の改善と土づくり

■保水性に優れた通気性の良い土質

良質な農産物を栽培するためには、保水性に優れ、水はけが良く、かつ保水性に優れ、通気性の良い土づくりが求められます。バイタルアトムシリーズを使用することにより保水性に優れた通気性の良い土質にかえていきます。土中への酸素供給は、微生物の活発な活動を促し、有機物を分解し土中に栄養分をつくりだします。良質な農産物をつくる理想の土壌づくりをバイタルアトムシリーズは手助けします。

ハウスのマルチ灌水での土のやわらかさの違い

同じ長さの支柱を刺すと、右側の土がフカフカしているのが良くわかります。
■微生物と土壌と植物の関係

微生物にはたくさんの種類がありますが、大きな働きは、枯死した植物や動物の遺体などの有機物を無機物に分解し、アミノ酸やビタミン、ミネラル分をつくりだすものや、空気中の窒素からアミノ酸やビタミンなど、さまざまな有機物を作ったりするもの、土壌鉱物からはミネラルを取り出して植物に供給したりするものなどがあります。一方、植物は光合成によってブドウ糖をつくりだし、植物が成長する上での栄養分として消費しながら、微生物のエネルギー源である糖分を根から吐き出し、微生物はその栄養をもらって空気中の窒素をアミノ酸やビタミンに変えます。また、土壌のミネラル分などを集めて植物に供給したりもします。微生物と植物は、共に助け合う共生という関係にあります。

植物育成方法(農法特許)について

■水質と土壌を改良することで植物の育ちやすい環境づくりをします。
 

50種類の天然ミネラルを粉体加工・安定化したものが発する遠赤外線の波長8~14ミクロン(育成光線=4~14ミクロン)を水に照射すると、水分子の固有振動数に近い約3~14ミクロン程度の波長が、水分子に効率よく吸収され、水が活性化されます。物理的に水分子はH⁺とOH⁻に解離したり、外部から酸素や窒素等の気体分子を取り込む力が増加したり、水中に溶存する酸素量(溶存酸素)が多くなるため、水質の改善や土壌の中の微生物を活性化し溶解性の向上(有機物の分解する能力)につなげて農産物の生産や栽培に適したバランスの良い環境をつくることができます。

生育環境が良くなった結果、植物が健全に育っていきます。健全な植物であれば、登熟度が高まり高品質の農作物が多収穫でき、また、植物の倒伏や実の落下低減、天候障害や病害虫からの被害も少なくてすむため、それらに伴う費用や労力の軽減にもつながります。

加えて、化学肥料や農薬を減らすことにもつながり、生産者のコスト削減や環境への負荷低減にも大きく貢献できます。農薬などの使用成分や使用量が減ることは、イコール生産者の利益です。 次世代の子供たちに引き継げる農業と良好な環境を残せる農法です。

左側:一般右側:バイタル使用 左側:一般右側:バイタル使用
水稲のバイタル使用の比較

カンタン誰でもできる農法

バイタルアトムシリーズは、使用している水の水道管やポンプの後の管につないでつかうだけ。用水であれば、水の流れる所に設置するだけ。作業形態を変える必要はありません。水の流れる所に設置したり置いたりするだけです。